クラミジアに感染してからの症状と治療

私は恐らく以前の彼女がクラミジア感染者でその女の子との行為が原因でクラミジアに感染しました。クラミジアの症状としては最初は尿をする時に尿道の辺りが熱く痛いなと感じる様になり、特に何もしていないのにパンツに分泌液のようなものがべっとり貼り付いていて、最初は痛みとかも特に我慢出来ない様なものでも無いし、何より性病の検査というのが恥ずかしく検査は行きませんでした。しかし、2週間程経っても全く症状が収まらず、ネットで調べるとクラミジアの可能性があるという事と放置しておくと重大な合併症や不妊症の恐れが男性でもあるという事でさすがに怖くなり泌尿器科の方に恥ずかしい気持ちをおさえて行きました。検査としては尿検査を行うだけで、特に分泌液の検査等は無くその後やはりクラミジアであると診断されました。治療は抗生物質を飲んで2週間程服用すればクラミジア自体も抑えれるという事でした。睾丸などまでは感染はしていないから不妊症の心配は無いけど今後はもう少し早く来る様にとおしかりを受けて病院での検査は完了しました。その時に服用した薬がクラミジアではとても有名みたいではありますが、ジスマロックという薬を服用しました。1回飲めば1週間適用されるみたいで、1週間に一度2回飲むだけでした。私の治療はこれで特に合併症も無く、早期発見がやはり大事だったなと感じるだけで済んだのですが、以前の彼女との行為以降症状が起きたので以前の彼女にも検査に行くように言わないといけないなと思い、デリケートな話ではありますが、自分がクラミジアに感染していた事やクラミジアの将来的な危険性などを説明して何とか泌尿器科に行ってもらうように説得しました。やはり、最初はかなり嫌がり私の浮気を疑ったりはしていました。しかも、彼女の方には特に自覚症状も出ていないというのが話が中々進まなかった原因です。しかし、不妊症の心配があるという事で彼女も渋々泌尿器科に行くと同じくクラミジアでした。彼女も私と同じく抗生物質の服用で治療を行い、子宮とかまでは感染していなかったみたいで無事に治療は終えれたみたいです。やはり、性病の検査は恥ずかしい気持ちが有るので中々検査に行けませんが、どんな病気も早期発見が大事なので違和感を感じたら病院にはしっかり行くようにしましょう。アジー 通販