自分の体を守るため

私が自分の体を守るために避妊で気を付けていることは、
まず第一に自分の生理周期を安定させて、
排卵日を把握するようにしています。
10代の頃は生理不順だったので、いつ排卵しているのか分からず、
ゴムをしっかり使ってはいるものの危険日も安全日も全く把握できていませんでした。
体のためにも生理不順はよくないのですが、産婦人科に行くことがとても恥ずかしいと思っていたので見て見ぬふりをして過ごしていました。
ですが、20代の初めの頃に知り合った友達がずっと生理不順で、
ある日お腹が痛いと思っていたら卵巣がんが見つかりました。
色々な方法で治療したものの結局まだ23歳くらいだったのに両方の卵巣を摘出し、
子供を産むことが叶わなくなってしまったのを目の当たりに、
産婦人科に行って自分の体をきちんとメンテナンスしようと決意しました。
生理不順を相談し、がんの検査もしましたが私はありがたいことにがんは見つかりませんでした。
そして、きちんとお医者さんに定期的に通い、ピル飲みながら生理をコントロールすることにしました。
産婦人科に通うようになって避妊や妊娠に対する意識が格段に変わり、
それまで、避妊は男性側にばかり任せていたところがありましたが、
自分でもピルやゴムで対策をとるようにしましたし、
相手に避妊なしでの行為を誘われても、妊娠する可能性について話し、
きっぱりと断れるようになりました。
なかなかきっかけがないと通いにくいかもしれませんが、
女性なら自分のためにも産婦人科に一度行ってみた方がいいと思います。トリキュラー 通販