寝つきを良くするには。

一概に寝つきが悪いと言っても原因はたくさんあると思います。例えば女性においては冷え性で冬などは足先が冷たくて眠れないとか、反対に夏場に暑さに耐えられずに寝付けないなどもあります。冷え性には低温の半身浴がいいとか、足湯がいいとか言われています。昔から頭寒足熱と言われていますし効果はあると思います。暑がりの人はやはり夏場は寝入りばなに冷房を効かすというのが安眠しやすいんではないでしょうか。色々な原因によって寝つきは悪くなっていきます。仕事上のストレスなんかでも頭が冴えてしまって寝付けない事もあります。私の場合、やはり仕事上でのストレスや今後の事を考えすぎて眠りに入れない事がよくありました。やはり、安定した眠りができないというのは生活すべてに影響をあたえます。眠るべき時間帯に寝てないわけですから普通に起きていなければならない時に眠気はやってきます。仕事においても集中力が無くなり、かなり苦労もしました。そんな経験を踏まえて思うのですが、寝つきを良くし、安定した睡眠を得る為にはやはり寝るタイミングが大事です。簡単に言うと眠りたいときに眠る、という事です。睡眠も習慣です。自分が寝たいと思った時に眠れれば当然寝つきは良くなります。私は眠くなった時は夜の8時でも9時でも寝るようにしました。それを繰り返しているうちある時間になると眠くなることが習慣化されたようです。簡単なようですが要は自分の睡眠導入時間を見極める事が寝つきを良くすることだと思います。
睡眠サプリ